FAQ

Main »» パイウォーターについて

Table of Contents


Q.パイウォーターとは何ですか?
πウォーターとは、人間だけでなくこの地球上に生きるすべての動植物が、生命を保つために体内に保有している「生体水」のことです。その性質は非イオン水で、普通の水に比べて水分子が小さく、しかも「πウォーター」自体が高いエネルギーを持っておりますので、飲料水に利用すると体内の細胞を刺激して活性化させる働きがあります。
Q.だれが、見つけたんですか?
元名古屋大学農学部の山下昭治博士が見つけました。博士が「生きているということは何だろう」という疑問を持ち、生物の生体システムを研究する中で、反応系の中心的役割をしている物質を発見したのです。それは、二価三価鉄塩と中性油質の合体したもので、極めて微量の濃度で水の中に溶け込んでおり、それが生体の働きを左右していたのです。それが「πウォーター」です。
Q.何に使われていますか?
この「πウォーター」には、微生物や異常細胞の増殖を抑制する働きがあります。また、生体に何らかの障害が起きて、生命活動が損なわれそうになった場合、問題となる障害を除去し、正常な生命活動を維持する機能があります。「πウォーター」には、動植物を活性化し、イオン反応が起こらず、微生物が住めない等の特徴を持っているため、いま多方面で活用されています。主なものだけでも、一般食品のほか魚介類の活性化や鮮度保持に、また水産加工品の品質向上をはじめ、医学、農業、畜産等でも注目され実用化が進んでいます。


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。